現在、企業も個人もSNS、ブログで様々な発信を行うようになっています。そこで重要なのが文字情報ではなく静止画や動画を活用した発信になってきます。
制作サイドとしてはすべての情報を自分自身で収集し、アップロードすることが困難な状況です。そこでそのサポートを行うことによる収入は間違いなく多くなってきます。
制作サイドとしてはすべての情報を自分自身で収集し、アップロードすることが困難な状況です。そこでそのサポートを行うことによる収入は間違いなく多くなってきます。
必要に応じて動画や写真の情報を募り、お金を支払うことによって補填することが可能になっています。実際に、プロカメラマンでなくともスマートフォンで撮影したレベルでも十分に対応できるほどの解像度を備えるようになっています。
かつ、ブログやSNSではそれほど解像度が高い情報が必要ありません。十分に視聴者が耐えることが可能なレベルだと言えるでしょう。
逆に情報を提供する側としても収入を補填するにあたり、簡単な撮影だけで賄えるのであれば非常にメリットがあるといえます。店舗情報であったり、特定飲食店のメニュー、イベントの様子、様々な会場の風景といったところがニーズとして上がってくると思います。
もちろん、こうしたサポート業務に対して交通費や福利厚生日が出るわけではありません。あくまでも必要な情報に応じた単品の情報提供になってきます。
スマートフォンやデジタル一眼で撮影するにあたり、1枚あたり、または1つの動画あたりのコストもさほどかかるわけではなく、複数の業務を受けることによって十分に賄うことができるでしょう。
実際には登録済でクラウドを経由して様々な受発注ができる時代です。インターネットの常時接続環境さえあれば短い動画であっても簡単に提供することが可能です。またクラウド上にファイルサーバーを一般の人間でも設けることができる環境です。
だからこそ、これから様々な情報があふれてくるにあたっても、インフラさえ整えておけば問題なくこうしたビジネスは進んでいくと思われます。
むしろ、SNSやブログを活用し、様々な発信が盛んになればなるほどお金の流れはさらに、大個人でも増えてくるのではないでしょうか。もちろんそれを媒介するのは写真や短い動画であることは間違いありません。
単価そのものもさらにこなれてくると思いますが、件数が増えるだけに市場そのものは大きくなると思われます。